人妻は出会った男性と「気持ちがいいセックスをしたい」と思っていますよね。
しかしながら定期的に同じ相手と人妻が出会っている場合いつもと同じようにセックスをしているのに感じる時と感じない時がある事に気づくはずです。
この感じる時と感じない時の違いは一体何なのでしょうか?

結論から先にいえば女性の身体は生理周期による女性ホルモンの分泌量の変動によって感じやすさが変わります。
つまり自分がどのタイミングで気持ちよくなれるのか生理周期を把握しておけばいつものセックスでいつも以上に感じる事が出来るようになります。
では生理周期による気持ちよくなれるタイミングを紹介していきます。

まず生理周期の中で女性の心と身体が最も調子がいい時期は排卵前です。
「今日は肌の調子がいいな」とか「前向きな気持ちになれる」と感じる時ってありますよね。
基本的に排卵日は生理が始まって14日後に訪れるとされています。

ただ人によって生理周期は28~30日前後とズレがある事とその時の体調によっても生理が早まったり遅れたりする事があります。
そのため必ずしも排卵日が生理が始まって14日後とは限らないので毎朝検温するなど自分の身体の周期を把握出来るようになりましょう。
そして排卵日は女性にとって体調がよくセックスで気持ちよくなれる時期であると同時に妊娠しやすい時期でもあります。

なので絶対に男性が「生でセックスをしたい」と言い出してもその場の雰囲気に流されてしまってはいけません。
そして排卵日以外にも実は生理前にも女性の身体は感じやすくなります。
生理前なんて無性に食欲がわいて食べ過ぎてしまうし身体は怠くて重いし憂鬱という人もいるかもしれません。

そんなふうにセックスをする気持ちになれないかもしれませんがいざセックスを始めてみると気持ちよくなれるのです。
その理由は生理前になると体内で男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が増えるので性欲が強くなっています。
加えて女性の身体は子宮口がおりてきている状態なので中イキしやすい状態だからです。

あと先ほど食欲の話を少ししましたが食欲を満たさず空腹の状態でセックスをした方が気持ちよくなりやすいと言われています。
食欲も性欲も満たされていない状態でセックスをするからこそ刺激に対して身体が敏感に反応するのでしょう。
人妻が出会う時には相手の男性の都合に合わせがちかもしれませんが人妻自身が気持ちよくなれるタイミングも考慮して予定を決めるようにして下さい。

人妻と熟女に会えるおすすめ出会い系サイトはこちら